電気料金を比較して専門業者を決めよう|即決は駄目

自然に優しいエネルギー

工場

有機肥料としても使える

電力自由化によって電力会社を選べる時代になりました。新会社は様々なプランや料金を設定して顧客を呼び込んでいます。料金の安さによって電力会社を変える人も増えてきました。しかしそれだけでなく環境にやさしい電力を選ぶこともできるようになったのです。原子力発電などは環境へ与える問題が議論されています。また石油や石炭などからつくる電力は二酸化炭素が発生し地球温暖化の原因となると言われています。そこで注目されているのが太陽光や風力を使った発電です。これは日光や風による発電なので環境に影響を与えることがありません。最近自然環境にやさしい電力として評価が上がっているのがバイオガス発電です。バイオガス発電はゴミや糞尿などを微生物により発酵させ、ガスを取り出し燃焼して発電する仕組みです。これは二酸化炭素の排出量が少なくてすみ、ガスを取り出した残りは有機肥料として利用できるます。今このバイオガス発電を導入、検討している電力会社や自治体が増えています。ゴミや糞尿などは豊富にあるので原料に困ることがなく費用も抑えることができます。北欧諸国などではこのバイオガス発電はかなりの速度で普及しています。バイオガス発酵槽の設備費用は比較的安価なので個人の住宅でも設置しているところもあるのです。オール電化にしている住宅はバイオガス発電で電力をまかなうことができます。また農家や農場などで電力使用が多い場合にも役立ちます。