電気料金を比較して専門業者を決めよう|即決は駄目

電気工事

業者に依頼するメリット

よほど簡単な工事以外は電気設備工事店に依頼した方が、事故の心配もなく、安心して生活することができます。誤った工事をしてしまうと逆に費用がかかってしまうこともあります。もしものときにもすぐに利用できる電気設備工事店を見つけておくと良いでしょう。

困る女性

電気を選んで買う

電力自由化によって、個人や企業等は電力を供給する事業者を自由に選べるようになりました。多くの事業者は従来よりも低料金で電気を使用できることを謳っていますが、それ以外にもさまざまな割引サービスなども行われているので、上手に選ぶとエネルギーコストを節約することができます。

工場

自然に優しいエネルギー

自然に優しい電力として注目されているのが、バイオガス発電です。ゴミや糞尿などを発酵させてガスを取り出し、燃焼させる仕組みとなります。残りカスは有機肥料としても利用できますし、設置費用が割安なので企業や自治体だけでなく個人での導入も可能でしょう。

業者を決める方法

レディ

違約金の有無

日本の電気料金は先進国で比較すると産業用も家庭用も最も高いことが知られています。そのため、2016年から電力自由化によって、これまで地域で独占的に1社だけが電気の販売と送電を行ってきましたが、他業種の他社が参入できるようにして競争原理により電気料金を下げることができるようになりました。現在電気の小売りを行っている業者は100社を超えていて、地域限定で営業している業者も多いことから、その全ての業者を利用できる訳ではありませんが、それでも10社以上の業者から選ぶことが可能です。電気料金が安い以外に気をつけたいのが、違約金の有無です。電力会社によっては短期間で解約をすると違約金が発生して、契約書にも記載してあります。契約をすれば違約金を払うことを同意したことにもなりますので、もし短期間で解約をする場合には気をつけるようにしてください。違約金を設定してあることによって電気料金を格安にしている会社もあり、違約金はかからないけれども電気料金の割引はそれほどでもない会社もあります。単純に電気料金だけで比較をしないで、契約内容をしっかり比較して、最後は自分で契約する会社を決めて下さい。これからも新たに参入してくる会社もあり、新たなサービスやセット割引も予想されています。また比較サイトなどを参考にして、サービス内容がより自宅に合っていると感じたものを使用するのもいいでしょう。サイトでは電気料金別に比べているところもあるので、料金を重視する方はそれを参考にするのがおすすめです。